特徴やメリット|人気が高い宅建の資格|自分のスタイルに合った勉強法が大事

人気が高い宅建の資格|自分のスタイルに合った勉強法が大事

女の人

特徴やメリット

メンズ

特徴とは

短大においては、幼児教育科もしくは保育科といった言われ方をされている学科で、保育士の資格をとるための勉強をしていくことができます。短大の在籍期間については2年間ですので、4年制の大学と比べても短い間で資格をとっていくことができるといった特徴があります。学習していく内容はどうなっているのかというと、技術や知識を並行して学んでいけます。言ってみれば、専門学校と大学の中間の存在でもあります。知識をメインとしている大学と比べても、実際に保育技術を得ていくプランが数多くあり、2年間で学んでいくことはたくさんあります。時間に関しては、非常に余裕は少なくなっています。幼稚園教諭の資格も一緒にとっていくのであれば、より余裕は少なくなります。しかし、2、3年で保育士の資格がとれるということは大きな特徴です。

工夫で得られることは

専門学校でも保育士の資格をとることが可能です。専門学校では、保育の場で仕事をしている講師による実際の指導を受けることができます。専門学校を卒業した後、職に就いて即使える技術・知識を学ぶことができるので、できるだけ早く力になってもらえる保育の場からは喜ばれることでしょう。専門学校へ入り、即実習を行っていくところもあるため、短大と比べてもきちんとした勉強をしていけるというメリットがあります。それから、専門学校には色々な個性があります。お遊戯やピアノの授業がたくさんあったり、職に就いた後のサポート体制がきちんとしているなど、それぞれの学校には工夫を取り入れています。自身がどういったサポートを受けたいのかをきちんと考え、把握した上で保育士の資格をとりに入学することが重要となります。