人気が高い宅建の資格|自分のスタイルに合った勉強法が大事

勉強

しっかりと学ぶには

男性と学生

保育士を目指すためには色々な方法がありますが、4年制大学は魅力的です。保育士資格を取るだけでなく、実習やカリキュラムもしっかりしていたり、幼稚園教諭一級をあわせて狙ったりも出来ます。また、大学を卒業しておくと、狙える職場や資格が増える点でも、有利です。

もっと読む

人気が高い国家試験

家

民法はメリハリある学習を

宅建は年間20万人が受験する国家試験で、合格率は約15%の資格ですから、しっかり対策を練らなければなりません。しかし、裏を返せば、対策さえ行えば十分に合格することができる資格試験とも言えます。宅建合格のための注意点としては、民法の勉強に深入りしすぎて、宅建業法や法令上の制限の分野をおろそかにしないことが挙げられます。民法は条文が多く、ヤマを張った勉強がしにくいこと、難易度が少しずつ上がっていることから、過去問で出題されている部分を集中的に学ぶべきです。そして、出題されていない箇所については、バッサリ捨ててしまっても問題はありません。それよりも、素直で解きやすい問題が多い宅建業法や法令上の制限について学んだほうが、確実に合格へと近づくことができます。

士気を維持し自己管理を

宅建は非常に人気が高く、毎年、多くの人びとがチャレンジする資格ですから、独学で学ぶ方もたくさんいらっしゃいます。そして、独学で学び、合格するためには、モチベーションを維持するための努力を行わなければなりません。モチベーションを試験日までしっかり維持するためには、屋外で学習することが良い刺激になるでしょう。図書館や勉強している人がいるカフェが近くにあればこれを活用し、勉強している人から刺激を受けてください。また、資格予備校の単発講座や模擬試験などがあるようでしたら、お金はそれほどかかりませんから活用してみると良いでしょう。そして、学習スケジュールを立て、毎日それをクリアし、習慣づけていくことで、自然と合格レベルの実力が身につくようになります。ご自身の実力アップを感じながら学んでいくことが、何よりのモチベーション維持につながるのです。

特徴やメリット

メンズ

保育士の資格は短大や専門学校でとることができます。短大では、時間の余裕は少々なくなりますが、急ぎの方であれば短い期間で資格をとることができます。そして、専門学校では、短大よりも実践的な学習をしていくことができるというメリットがあります。

もっと読む

より良い形で仕事をする

男の人

マネジメントの資格を取りたいと考えているのであれば、独学だけではなく、スクールや通信講座の利用といった学習方法を知っておきましょう。またマネジメントの資格を取ることでスキルアップにもつながるので、何のために資格を取るのか目的を持って取り組むようにしましょう。

もっと読む